整体・カイロプラティック:メール予約:infoアットマークwbspine-nagoya.jpウェルビースパイン名古屋:キャンペーン情報

ご予約についてはこちら

症状紹介

整体・カイロ情報のアイスポット 整体・カイロプラティック・酸素カプセル:予約番号 052-734-3912整体・カイロプラティック:メール予約:infoアットマークwbspine-nagoya.jp

ご来院される地域

Area of our Patients

愛知県・三重県・岐阜県・名古屋市・日進市・豊明市・東海市・大府市・刈谷市・知立市・知多市・春日井市・一宮市・稲沢市・多治見市・土岐市・北名古屋市・長久手町・瀬戸市・尾張旭市・ 千種区・昭和区・中区・中村区・北区・天白区・東区・中区・緑区・港区・南区・熱田区・名東区・瑞穂区・守山区・本山・覚王山・東山公園・星ヶ丘・一社・上社・本郷・藤が丘・自由が丘・茶屋ヶ坂・砂田橋・ナゴヤドーム・矢田・大曽根・名古屋IC・名古屋大学・八事・八事日赤・いりなか・川名・御器所・桜山・鶴舞公園・桜山・金山・栄・千種・今池・池下


施術報告

腰痛・ぎっくり腰 坐骨神経痛 首・肩こり・頭痛 肋骨・背部痛
手足のしびれ痛み 股関節痛・歪みなど 産前産後・骨盤矯正 自律神経症状など

肋骨・背部痛

五十肩・肩の痛み (50代 男性)

50代男性 歯科医師 F.Hさん



50代男性が五十肩・肩の痛みで来院。発症は一年前で、いきなり手を上げたら痛くなった。その後腕を上げようとすると痛い。自然に痛みが消えると思ったが、なかなか変化がないので来院。仕事で腕を上げることが多く、痛みを感じるが、仕事ができないまでではない。特にリハビリ等はしていない。



初回の状態

・肩の外転で痛み(120°位)

・肩の内旋で痛み

・肩甲骨周囲筋が硬く、押圧で痛みが強い

・背中を丸くして座る癖があり、背骨が全体的に硬い




肩関節の外転、内旋で痛みがあり、肩甲骨周囲の筋緊張が高いことから、肩の機能障害(肩関節周囲炎)の改善を行った。肩関節を痛みの出ない範囲で動かし、全体的な動きの改善を目指しながら、外転や内旋は痛みを我慢できる範囲で動かした。背骨も仕事の姿勢からか、反る動きが制限されていたので、特に胸椎や胸郭の動きの改善を行い、良い姿勢がとりやすいような背骨の状態を目指した。初回の施術後に、肩関節が軽くなったが、痛みの出る角度はあまり変化なし。痛みの軽減と可動域の改善を目的にその後週一回のペースで施術を10回程度行った。毎回痛みの程度や可動域をチェックしながらアプローチを続け、少しずつ改善が見られ、10回後には可動域はかなり改善し180°外転でも痛みは多少残る程度。日常生活での痛みや肩の違和感もほとんど感じなくなった。時間のある時は、肩関節のエクササイズをするようにしている。現在では月1〜2回の身体メンテナンスで来院されている。



担当コメント

この方の場合、いきなり腕を上げた時に痛みを感じたとのことで、外傷的な要因が強かったと思いますが、その後痛みや可動制限が一年続いていたことから、外傷が原因で慢性的な肩の機能障害(五十肩)につながったのだと思います。五十肩にも色々原因があり、肩の使用過多や動かさなすぎ、日常動作による負担、外傷によるものなど様々です。どのケースでも、肩の可動域や筋肉の状態、姿勢などをチェックし、肩の可動域が改善するように痛みのあまりない範囲で積極的に動かしていくのが基本的なアプローチとなります。肩関節には、肩鎖関節と上腕肩甲関節+肋骨に乗っている肩甲骨が直接関係するのですが、通常、肩鎖関節の可動制限(特に外転)、上腕肩甲関節の可動制限(特に内旋、外旋の動き)、肩甲骨周囲筋の硬さや緊張が見られます。状態をチェックし、それぞれに対してアプローチを行うことで、肩の機能障害(五十肩)は早期改善が期待できます。まずは同じような症状や肩の痛みでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

背中の痛み 背部痛 腰痛

29歳女性 図書館司書 K.Sさん


29歳女性が背中の痛みと腰痛で来院。背中は以前から気になっていたが、ここ最近痛みが強くなってきた。座っている姿勢が悪いとは思っているがついつい丸くなってしまう。腰は朝起きると痛いのが続いている。疲れているので酸素カプセルも試してみたい。


初回の状態

・仕事中の座位姿勢でかなり胸椎が後湾し、背中や腰に負担をかけている

・立位では腰椎の前湾が強く、腰が反っている

・腰部の伸展の可動域は正常以上あり、屈曲は腰部と大腿、下腿の後面にかなりの張り

・胸筋の張りが強く、押圧でかなりの痛み

・肩甲骨の可動域が減少

・臀筋のはりも強く、腰仙部や仙腸関節部位に押圧で痛み



胸椎の後湾が強く、その部位のP→Aの可動域が減少しているため、胸椎の可動域を改善させるアプローチを行う。腰椎は立位では前湾が強く、座位では後湾が強くなっているため、腰仙部や骨盤の前後を安定させている組織への負担が強く、それが寝起きの腰痛につながっていると考え、骨盤の関節の矯正と腰部の歪みを改善し、腰部への負担を減らすようにアプローチ。肩甲骨の可動域も胸椎や胸郭全体の可動域の制限により見られたため、肩甲骨への施術も行った。2回の施術で背中の痛みは7割減少、仕事中の姿勢も背中が丸くならないように気をつけている。寝起きの腰痛は軽減はしたものの多少残っていたため、立位の姿勢を確認。後方荷重で立つくせがあったため、体の重力線を意識してもらい、重心を足の真ん中に移して立つようにアドバイス。これにより立位時の腰への負担の軽減を図った。現在は背中の痛みはなくなり、姿勢の確認と体のメンテナンスで2週に一度のペースで来院中。



担当コメント

この方の場合、背中の硬さと姿勢の悪さが気になりました。座っているときにかなり骨盤を後傾させていたため、背中が丸くなり、肩が内側に入っている姿勢が長年続いていた為、背中が痛くなり、肩甲骨の動きが悪くなっていたのだと思います。このような場合、背中に負担がかからないように姿勢を改善させることが重要となります。腰痛は、腰の伸展(反る)の動きは正常以上にあったのですが、座っている時や立っている時の腰の負担が多く、寝ていても疲れが取れない状態にあったのだと思います。特に右の骨盤の関節が硬い状態が続いていたので、足をくんだりするくせも気をつけてもらい、骨盤や腰にいいくせをつけていくことで腰痛は改善していくと思います。運動をあまりされないとのことなので、歩いたりエクササイズをすることで、体の機能は全体的に改善していくと思います。酸素カプセルも疲れているときには効果的なので、またいつでもご利用くださいね!これからもできるケアはさせて頂きます。

肩甲骨の痛み 背中の痛み

40代男性が左肩甲骨の痛みと肩こりを訴え来院。肩こりは以前から気になっていたが、痛みが続くのは初めて。運転中やパソコンをしている時に特に痛くなる。マッサージに行ったり、湿布を貼ったりしているが特に変化はなし。体は硬いことを自覚している。


初回の状態

・痛みは左肩甲骨上角周辺〜内側に強く感じている

・立位、座位で背中が丸く、アゴが上がった姿勢

・胸椎の動きが全体に硬く、特に上部胸椎の可動性が失われている

・その部分に痛みを感じている

・肩甲骨も左右動きが悪く硬くなっている


姿勢や痛みの部位から、頸椎を支えている胸椎の上の部分にかなり負担をかけていると判断。頸椎〜上部胸椎を中心に矯正をできる範囲で行い、背骨全体の動きの改善とそこへの負担を減少させるように姿勢の改善を目標に施術&アドバイスを行う。初回と2回目の施術ではそれほど痛みの変化は感じなかったとのことだが、3回目の施術後に痛みは最初の2割〜3割程度に軽減、座っている時や運転時の姿勢も背中を丸くしないように気をつけている。肩甲骨の痛みはかなり軽減したが、今度は左頚部に張り感を感じるようになった。姿勢改善により、いままでと負担のかかり方が変わったことによるものと考え、継続的にメンテナンスを行うことに。現在は2〜3週に一度のペースで来院中。


この方の場合、パソコンをする時の姿勢でかなり首の付け根や胸椎上部に負担をかけていたので、症状の改善には姿勢の改善が不可欠でした。痛みも数カ月続いていたので慢性的な負担が痛みの原因となっていたため、状態に変化がでるまで少し時間がかかったのだと思います。加えて肩甲骨や背骨、股関節などがかなり硬く、筋肉や関節の柔軟性が減少していたのも症状の慢性化につながっていたのだと思います。まだ上部胸椎の動きは改善されたレベルまではいってないと思いますが、姿勢に気をつけてもらっているために日常的な背中や肩への負担は減っていると思います。この先も、アゴが上がらないように姿勢に気をつけ、背骨の動きを改善させて痛みやコリを感じにくい生活をして頂けたらと思います。できることはサポートさせて頂きますので頑張ってください。

背部痛 背中痛 背中の痛み

20歳男性 学生 E.Kさん



20才学生の方が背中の痛みで来院。一週間前に突然痛くなり、医療機関で検査を受けたが骨や内臓に異常はなし。前に背中を痛めたこともなく原因も思いつかない。勉強やPCで座っている時間は一日8時間位。姿勢はかなり悪いと自覚している。背中が痛くて仰向けで夜眠れない。



初回の状態

・背中が痛くて姿勢が丸くなっている

・左右胸筋の緊張が高い

・頚部屈曲で背中の痛みが増加

・腰部屈曲、伸展で背中の痛みが増加

・中部胸椎に圧痛があり、可動域も制限されている

・深呼吸の吸気で痛みを感じる



医療機関での検査で背骨や内臓の問題の可能性は低いこと、姿勢がかなり丸く、長時間その姿勢を維持していること、特に外傷歴、既往歴などがないことから姿勢による背中(特に中部胸椎領域)への負担が原因と考え施術を行う。中部胸椎領域の関節可動域の低下や胸椎をサポートしている起立筋の緊張が高かったため、腰椎と頸椎の矯正を先に行い、背中の痛みを確認したのち胸椎を矯正し、可動域の改善と筋緊張の低下を図った。施術後に頚部と腰部の可動域を確認したところ、頚部屈曲での背中の痛みは残るものの、VASは3割程度で、腰部屈曲伸展での痛みもかなり軽減。痛みが出ない範囲で姿勢改善のアドバイスを行い、次回状態を確認予定。



担当コメント
この方の場合、背中を丸めて座ってる姿勢が長いため、背骨全体の後湾が強くなっていたと思います。最近は運動やストレッチをしていないとのことで、背骨の適切なカーブや柔軟性が失われ、その体勢で胸椎がロックされてしまったために痛みが出たのだと思います。胸椎の可動域が低下したり、後湾が強くなれば胸郭全体の動きも低下してしまうため、肋骨の動きや関節を安定させている小さい筋肉、背中を支えている大きな筋肉なども硬くなってしまい、呼吸にも影響が出る結果、心肺機能も低下してしまう可能性があります。このような状態を防ぐためには、立っている時も座っている時もなるべく背骨の適切なカーブを保ち、胸郭の動きを意識するといいと思います。長時間同じ姿勢で勉強や仕事をしている方は、定期的に休憩を取るようにして姿勢を確認してみてください。いつも丸くなっている方は、背骨を痛くない範囲で反らすエクササイズが必要です!

寝違え 首の痛み 背中の痛み

20代後半 女性 講師 

27歳女性の方が首と背中の痛みで来院。症状は5日前からで、最初は首を寝違えた状態。その後痛みが段々背中に降りてきた。年に何回かは寝違える。首を動かすと背中に痛みがあり、左肩甲骨の内側にも痛みを感じる。普段の寝違えは数日で治まるが、今回はいつもより痛みが強いので心配で来院。


初回の状態

・首の屈曲で上部胸椎に強い痛み、伸展で同じ部位と左肩甲骨領域に痛みの放散

・首の左右側屈はそれほど痛くない

・ストレートネック

・しびれはない

・後頚部筋の緊張が高い


首の可動域の改善、頚椎と胸椎のジャンクション部分の動きの改善、上部胸椎の動きの改善と関連筋肉の緊張緩和を行い痛みの軽減を目標に施術を行う。頚部屈曲と伸展で痛みが強かったため、痛みが出ない首の角度で矯正を行う。首の回旋も制限されていたため、可動域範囲内でアジャストを行う。筋肉の緊張の強かった上部胸椎部分の起立筋の緊張緩和のため、その部分にに対しても痛みがでないようしっかり矯正を行う。治療院までが遠く、なかなか通えないとのことだったが、一度の施術で痛みは半分以下に。頚部屈曲、伸展の可動域もかなり改善し、動かす際の痛みもかなり軽減。


担当コメント
この方の場合、年に数回寝違えるとのことで、ストレートネックによる首への負担+寝るときうつ伏せで寝るとのことで、その時の首の状態や疲労度合いによりその姿勢(負担)に耐えられなくなった時に痛みを感じていたんだと思います。うつ伏せで首を回旋させて寝ているため、特定の筋肉が縮んだり伸ばされたりで局所的な循環が滞ってしまうのと、頚椎や上部胸椎の椎間関節部分にも負担がかかり、朝起きた時には痛めてしまっていたのだと思います。寝違えの場合、急性期は痛みが強いため矯正ができない時もあるのですが、この方の場合は痛みはあったものの、矯正ができる首や上部胸椎の可動域は確保できたので痛みを軽減するために行いました。寝違いの場合は程度によって施術による痛みの軽減にも幅ができるのですが、しっかりと動きの改善がみられたので期待した程度の痛みの軽減は見られたと思います。現在の状態をしっかりと改善させ、寝違えが起こりにくい首の状態を作るにはもう少し施術を続けないと難しいと思いますので、またお時間がある時にいつでもご連絡ください。

背中の痛み 腰の張り 背部痛

30代後半男性 会社員 S.Hさん

30代後半男性の方が背中の痛みと腰の張りで来院。背中の痛み、張り感は数年前からでここ数か月腰まで張るようになってきた。気になるのは左側。筋トレは行うがストレッチ等のケアはやらない。卓球を昔から週何回かのペースで続けている。体は全体的に硬いとの認識。体を伸ばしても曲げても痛い。


初回の状態

・左肩甲骨内側〜腰部にかけての起立筋の肥大が目立つ

・その部分を押すと痛みが強い(特に肩甲骨下部)

・右肩が高く、左腹斜筋、広背筋などの緊張も強い

・腰部屈曲・伸展どちらともでその部分がに痛みを感じ、可動域も制限されている

・背中を丸くして座っている


背中〜腰にかけての起立筋の伸張性がなく、筋肉がかなり硬くなっている状態で押圧での痛みがあることや、体幹の屈曲・伸展の可動域の制限や動作時の痛みの強さからその部分が原因と判断。体幹の右側屈で左側に感じる痛みも強い。施術は背骨全体の可動域の回復と、問題である起立筋&関連筋の緊張を緩める目的で行った。最初は押圧での痛みが強かったため、我慢できる範囲で筋肉へのアプローチを行い、胸部・腰部の矯正と肋骨の矯正を行った。2〜3回の施術で腰の痛みは2割程度に軽減、体幹伸展の可動域も改善し、その動作時の痛みもなくなった。肩甲骨下部の起立筋や広背筋領域の痛みが残ったため、その後その筋肉へのアプローチと胸部・腰部の矯正を中心に施術を継続。8回程度の施術で背中や肩甲骨下部の痛みも1〜2割程度に軽減。胸筋の張りもかなりあったため、胸が開きやすくなるように胸郭全体へのアプローチも行い、今までやらなかったストレッチや姿勢のアドバイスも行った。


この方の場合、卓球を10年以上前から週数回のペースでやられていて、その時の体の使い方と運動後にストレッチなどのケアをされてこなかったことで背中の筋肉の疲労が蓄積されて症状を出していたんだと思います。筋肉がかなり硬くなっていたために痛みが強く、症状が軽減されるまでに時間がかかりました。筋肉が肥大すると、なかなか元の状態に戻るのは難しいと思いますが、最初は週2回ペース、改善が見られてからは週1回ペースで施術を継続したことで筋肉の状態や背骨の動きに改善が見られました。最初は痛くてストレッチができない程でしたが、多少痛くてもストレッチを続けられたことで、状態の改善につながりました。この状態になるまで症状を放置しておくと、改善までにも時間を要しますので、できれば最初に気になった時においで頂く方が患者さんにとっても負担が少ないと思います。現在では以前より良い姿勢もとりやすい体の状態になっていますので、姿勢もなるべく気を付けて、ストレッチも続けていただけたらと思います。症状を慢性化させないように気を付けてくださいね!

慢性的な肩甲骨や肩のこり・背中の張り(40代男性 医師)

主訴

仕事柄夜勤も多く、いくつかの病院を掛け持ちで回っているため睡眠不足が続いている。肩こりも昔から気になっており、最近は肩甲骨内側のこりや背中の張りも気になってきた。ストレッチなどはなるべくやるようにしているが、なかなかこりや張りが取れない。マッサージは定期的に受けているが、症状は変わらない。



現状確認・検査



・首から肩の筋肉の伸張性の減少とそちら側への首の傾きがあった。

・左の肩甲骨周りの筋肉の緊張・押圧での痛みが見られた。

・背骨を支える筋肉の硬さ・肥大が見られた。

・立位・座位とも頚部前傾姿勢となっており、頭を支える首の筋肉の緊張が見られた。



施術と経過



頚部と背中、肩甲骨の筋肉と姿勢の改善を中心に施術を行う。背中や肩甲骨の筋肉はかなり硬く、強めに押しても痛みはなく気持ちよいとのこと。筋肉の中の硬い部分を中心に筋繊維と筋繊維を分けるように押圧をかけながらアプローチ。初回の治療で頚部の可動域は多少改善したものの、背中、肩甲骨のこり感はあまり変わらず。2回目、3回目と間隔を空けずに施術を続け、肩甲骨と背中の筋肉の緩和を中心に頚部・胸部の可動域の改善を行う。3回目の治療後に肩甲骨の可動域の改善と胸部の可動域の改善が見られ、肩こりや肩甲骨内側のこり感も半減。この時点から頚部の可動域改善・肩甲骨可動域改善のためのエクササイズも合わせてやってもらうように相談。この後週一回ペースで10回程度施術を続け、毎回主観的な状態を確認していったが、毎回少しずつ楽になっているとのことで、10回目での気になり度は2/10程度。その後ご自分の医院の開業準備等でなかなか時間が取れず不定期の来院となっているが、エクササイズは継続中とのことで、状態は悪くないとのこと。慢性的な疲れや長時間の不良姿勢は首や肩、肩甲骨や背中に負担をかけてしまうので、姿勢に気を付けて仕事を頑張ってください!

背中の痛み (30代女性 主婦)

主婦

一か月程前から背中に違和感を感じていたが、ここ2〜3日肩甲骨あたりに痛みを感じるようになった。これまでも子供の世話で背中が張る感じはしていたが、今回のような痛みは初めて。2年前に結婚を機に退職。現在は主婦で、1歳の子供がいる。痛みは常にあるが、横になると多少楽になる感じがする。今は家事しかしておらず運動なども子供がいるためほとんどできない。以前の仕事は会社員で事務職。



現状確認・検査
・背中の肩甲骨周囲に張り感
・腰掛けた時に体を丸めたような姿勢で座る
・背骨の可動性が背中を中心に減少
・背中の筋力検査を検査すると異常あり
・肋骨の可動性も減少



施術と経過


問診と検査から、胸椎の可動性が減少し、関節と筋肉に負担が増えたために出た痛みであると考えられる。施術は背部から首にかけて中心に行った。初回の施術で痛みは残るものの、可動性は改善。3〜4回目で痛みはなくなったため、健康管理ケアに移行。今回の原因は以前事務職をしていたときの姿勢が、背中に負担をかけてしまっていたことに加え、家事・育児によりさらに背中に負担が加わったことで、背骨と背中を支える筋肉が痛みを感じるようになったと考える。これからは、家事・育児の合間に背中から肩にかけてのエクササイズなどで、背中への負担を減らすように気をつけて頑張ってください。背中を反らし、胸郭を広げることも大切です。

→戻る

マタニティケア・産前産後のケアはおまかせください。

営業カレンダー

Open Day

営業時間

平日
10:00〜20:00
土日
10:00〜18:00
定休日
木曜日

カイロプラクター

Staff

院長:加藤 克哉

アクセスマップ

Access Map

酸素カプセル 施術室整体・カイロプラクティックテーブル 整体・カイロプラクティックロゴ治療院待合室