整体・カイロプラティック:メール予約:infoアットマークwbspine-nagoya.jpウェルビースパイン名古屋:キャンペーン情報

ご予約についてはこちら

症状紹介

整体・カイロ情報のアイスポット 整体・カイロプラティック・酸素カプセル:予約番号 052-734-3912整体・カイロプラティック:メール予約:infoアットマークwbspine-nagoya.jp

ご来院される地域

Area of our Patients

愛知県・三重県・岐阜県・名古屋市・日進市・豊明市・東海市・大府市・刈谷市・知立市・知多市・春日井市・一宮市・稲沢市・多治見市・土岐市・北名古屋市・長久手町・瀬戸市・尾張旭市・ 千種区・昭和区・中区・中村区・北区・天白区・東区・中区・緑区・港区・南区・熱田区・名東区・瑞穂区・守山区・本山・覚王山・東山公園・星ヶ丘・一社・上社・本郷・藤が丘・自由が丘・茶屋ヶ坂・砂田橋・ナゴヤドーム・矢田・大曽根・名古屋IC・名古屋大学・八事・八事日赤・いりなか・川名・御器所・桜山・鶴舞公園・桜山・金山・栄・千種・今池・池下


施術報告

腰痛・ぎっくり腰 坐骨神経痛 首・肩こり・頭痛 肋骨・背部痛
手足のしびれ痛み 股関節痛・歪みなど 産前産後・骨盤矯正 自律神経症状など

産前産後・骨盤矯正

産後すぐの臀部痛 30代女性 主婦

30代女性 主婦 A.Mさん


30代女性で産後5日目の方が臀部痛を訴え来院。二人目の出産で、左の臀部に痛みが常にある。普段はにぶい痛みで、動いたり長時間座っているとかなりの痛みを感じる。一人目の出産後も同じような痛みがあり、治まるまで一年位かかった。日常生活にかなり支障があるのでなんとかしてほしい。足もつりやすい。


初回の状態

・痛みのため歩く際の歩幅が狭い

・座る、立ちあがるの動作の度に左臀部に痛みを感じる

・左仙腸関節、左臀部筋押圧で痛み、右側は痛みなし

・腹筋や股関節周囲の筋肉に力が入らない(入りにくい)

・内転筋や下腿筋の緊張が高い


カイロが初めて&産後5日目ということで、体に負担がかからないように全体的にソフトに施術を行う。痛みの部位(左仙腸関節周囲)と骨盤・股関節周囲の筋肉に力が入りにくい状態から、骨盤と股関節の機能改善を目的に臀部や下肢、腰部の筋肉への軽いSTT(マッサージ)を行い、無理のない範囲で骨盤矯正と股関節の筋肉のストレッチを施す。内転筋の痛みがかなりあったため、あまり痛みを感じないように軽めに施術。腹筋もまだ力が入りにくい状態であったが、体の負担を考え経過を見ながらエクササイズを行ってもらうことに。初回の施術後痛みは半分以下に軽減。立ったり座ったりする際の痛みは残るものの、動作スピードはかなり速くなった。歩く際の歩幅&スピードも改善し、痛みがないわけではないが、かなり楽になったとのこと。一週間後の2回目の来院時のチェックで、痛みは3割程度に軽減し、日常生活での動作もあまり気にならなくなってきたとのこと。足もつらなくなった。赤ちゃんの授乳で肩や背中の痛みが気になるとのことだったので、今後は骨盤、股関節の機能改善を含め体全体的なケアを行う。



担当コメント


この方の場合、産後5日目とのことで普段以上に体に負担をかけないように施術を行っていきました。通常産後は2週間程度様子を見られる方が多いのですが、今回の場合は痛みで日常生活にかなり支障が出ていた為来院されたのだと思います。妊娠〜出産により、体にはかなり肉体的、精神的なストレスがかかり、体内的な変化も大きいので産後には様々な症状が出やすいと思います。産婦人科で産後のケアもしっかりしてくれればいいと思うのですが、出産した後はご自分で…という流れが普通みたいです。カイロケアのいいところは、そんな状態でも無理のない範囲で施術が行えるとこです。産後体は以前の状態に戻ろうとするのですが、妊娠〜出産で負担のかかり続けた骨盤や腹筋、股関節周囲の筋肉はそんなにすぐには元に戻りません。加えて赤ちゃんのケアにより、生活リズムが崩れたり、背中や肩への負担も増え、なかなか自分のケアをする時間も少なくなってしまうと思います。そんなママさん達の一人ひとりの状態や生活に合わせて少しでも早く体がいい状態になるようにお手伝いするのがカイロプラクティックの役目だと思っています。体が楽になれば、精神的にも余裕ができますので、色々といい影響がでると思います。産後に体の不調や痛みを感じている方がいたら是非参考にしてみてください。

産後の股関節痛 腰痛

30代後半女性 主婦 K.Sさん



産後の股関節の痛みと腰痛を気にして30代女性の方が来院。腰痛は産前から気になっていたが、産後更に気になるようになった。股関節は産後からで、右の股関節前面が常に張っている。産後3カ月。歩くときにかなり違和感がありどいにかしたい。硬いところに座って赤ちゃんの面倒をみることが多い。



初回の状態


・腰部の筋肉がかなり硬く、腰部伸展の動きがかなり制限されている

・前かがみや身体を横に倒すのもつらい

・右股関節内旋の動きで痛みが強く、内転筋も押すと痛い

・股関節前面の筋肉(四頭筋、腸腰筋)の張りが強く、力がいれずらい



右股関節の前面と内側の筋肉の張りが強く、押すと痛みも強い&内旋の動きが制限されていたため、股関節の可動域のと前面と内側の筋肉の状態の改善を目的として施術を行う。内転筋を押した時にかなり痛みが強かったため、痛くないように股関節のストレッチやモビリゼーションを行う。腰部の筋肉もかなり硬く、腰椎や腰仙部の伸展の動きが失われていた為、筋肉へのアプローチと関節の矯正を行う。最初は腰の筋肉の硬さや股関節の硬さでサイドポジジョンが取りずらかったため、少しずつ行う。ストレッチなどのケアはほとんどしたことがないとのことだったので、股関節前面と内側の筋肉のストレッチを初回からやってもうらうようにお願いした。右股関節と腰部への施術を中心に2回行い、股関節の張りや痛みは初回の一割程度に軽減。気になることがほとんどなくなった。腰部の筋肉の硬さや可動域は多少改善した程度だったが、座り方を気をつけたり、腰部のエクササイズをやるとかなり楽になるので続けている。ペースはここまで週一回。



担当コメント


この方の場合、以前から腰部の筋肉の硬さや可動制限がある状態で、産後赤ちゃんのケアをする体勢や動作で腰や股関節に負担がかかっていたために症状が出ていたのだと思います。赤ちゃんを同じ体勢で長時間抱っこすると、立っていても座っていても腰にかなりの負担がかかります。また、赤ちゃんを寝かせて面倒をみる時に、片方の膝を立てて、もう片方は開いて硬い床に座る姿勢が多かったとのことで、腰や股関節に無理な負担がかかっていたと思います。出産直後は、産道から赤ちゃんが出てくる際に、骨盤底筋や内転筋などを痛めやすく、歩くときに力が入りにくかったり、しばらく痛みが続いたりする場合も多いですが、この方の場合は体勢や姿勢での影響が強かったのだと思います。股関節の動きが硬くなれば、腰や膝などに負担がかかり、二次的な痛みの原因にもなってしまいます。同じように産後の股関節の痛みや腰の痛みが気になる方は、参考にしてみてください。

妊婦さんの腰痛、骨盤の痛み、肩こり、背中のはり

36歳女性 妊婦さん Y.Gさん



36歳女性妊婦さん(妊娠8カ月)が、右腰の痛み、肩と首のこり、背中のはりを訴えて来院。右腰は起き上がるときに痛い。子供にはまされて寝ているため、寝返りがうちにくい。肩は昔から凝りやすいが、最近特に気になっている。家事やゲームなど手を使うことが多い。足も最近つりやすい。



初回の状態

・妊娠8カ月でかなりお腹が大きくなっていて腰や股関節、下肢への負担が増加

・右腰部や臀部の押圧で痛み、右仙腸関節の動きの制限が見られる

・肩甲骨周囲や背中のはりが強く、胸椎の動きが硬い

・頚部前傾姿勢で頚部筋の負担も増加


妊娠後期に入り、かなりお腹が大きくなっていたため、腰部や骨盤への負担が増加しており、特に右の仙腸関節の動きが制限されていたためその部位へのアプローチを行った。専用カイロベッドにうつ伏せで寝てもらったが特に腹部への圧迫感などはなし。腹部への負担がかからないように腰部・骨盤周りの筋肉を緩和し、側臥位での骨盤矯正を行う。下腿の筋肉もかなり張っていたので、痛みが出ない範囲で緩和・ストレッチを行い足関節・股関節等の可動域を改善。施術後はいつも体がすっきりして楽になる。こむら返りも施術後は出なくなった。骨盤、腰部、背中、頚部を中心に毎回症状に合わせて二週に一回のペースで施術を行い、出産一週間前までケアを継続、その後出産後一週間で体のつらさを訴え来院されたため、チェックを行い骨盤の関節の可動制限を矯正、股関節周囲の筋肉に力が入りにくい状態+授乳や赤ちゃんのケアなどで背中の張りが強かったため全身的なケアを行う。早期に骨盤の状態を戻し、動きやすい体づくりを目指し、定期的にメンテナンス予定。



担当コメント
この方の場合、お腹がかなり大きくなっていたので腰部や骨盤、下肢にはかなりの負担がかかっていたと思います。最近では無理のない範囲での運動が妊婦さんには推奨されているのですが、3人目ということもあり、あまり運動をされなかったのも体が硬くなり、体の様々な症状が気になる原因になっていたと思います。妊婦さんにも通常は、腹部への加減を加えたカイロケアは可能です。一度目の施術後に、逆子だった赤ちゃんが元にもどったとの報告を受けたのですが、骨盤や筋肉のバランスを整えることで、お腹の中の赤ちゃんも正しい位置に収まりやすくなることは十分考えられます。ついつい食べ過ぎてしまう…とのことも体重増加の原因の一つになっていたと思いますが、体の負担+後で体重を戻すことを考えると、ある程度のコントロールは必要になると思います。しばらくは赤ちゃんのケアで寝不足や肩こり、背中のはりが気になる生活が続くと思いますが、できる限り負担を軽減させ、快適な生活が送れますようしっかりケアはさせて頂きます。

妊婦さんの腰痛 恥骨の痛み

30代女性 主婦 R.Sさん

30代女性妊婦さんが腰痛と恥骨の痛みで来院。妊娠7ヶ月。お腹もだいぶ大きくなってきて腰がつらくなってきた。腰は妊娠前から気になっていたが、今回とは痛みの質や場所が違う。数日前から恥骨にも痛みを感じるようになった。歩くと痛い。座っていると楽。痛みをなんとかして欲しい。子供は一人目。

初回の状態

・骨盤の関節(特に右の仙腸関節)に痛み

・右の臀筋に張りと押圧で痛み

・恥骨の内転筋付着部に痛みと内転筋の筋力低下

・腰仙部にも痛み、伸展の動作で嫌な感じ

妊娠7ヶ月の妊婦さんということで、体重の増加+お腹が大きくなり、腰や骨盤、股関節にかかる力学的な負荷の増加&変化から腰仙部や骨盤の関節、恥骨の痛みを引き起こしていると考えそれらへの負担を軽減させる目的で施術を行った。お腹に負担のかからないようにうつ伏せで寝てもらい、腰仙部を軽めに牽引。痛みのある臀部は筋肉を痛くないように緩めるアプローチを行う。骨盤の関節(仙腸関節)は、妊娠時に分泌されるホルモンの影響で動きやすくなるが、この方の場合は右の関節の動きが低下していたため動きを改善させるアプローチを行い、恥骨の痛みは恥骨結合のへのアプローチではなく、内転筋の緩和操作で痛みの変化を観察。押圧で痛みは残ったものの、施術後には恥骨の痛みは半減、腰の伸展時の痛みも軽減し、臀筋の痛みも残ったものの施術前より気にならなくなった。骨盤や腰仙部、内転筋を中心としたアプローチをその後続けているが、初回の施術で歩くときの恥骨の痛みもほとんど気にならなくなり、普段感じる腰の張りや痛みも前ほどではない。

担当コメント
妊婦さんの場合は妊娠後期になると腰部や骨盤、股関節の負担は体重の増加や骨盤、腹腔が内側から圧迫されることにより増えてしまいます。赤ちゃんのお腹の位置によっても痛みが出たりしてしまいます。内側から圧迫されることにより循環や神経が影響を受け、足のしびれを感じたり、足がむくんだりします。また代謝も生体力学的、生理学的に影響を受け、寝ていて足がつったり手の指がしびれたりします。この方の場合、腰椎と骨盤の間の関節部分への負担が大きかったのと、歩くときにかかる内転筋への負担や、恥骨への負担が大きかったために痛みを感じていたのだと思います。妊婦さんの施術の場合、一番気をつけなくてはいけないのはお腹への負担をなくすことですが、お腹の部分が下に下がるカイロ専用ベッドはうつ伏せの施術が可能です。またこの先出産に向けてお腹がもっと大きくなることでの力学的な負担の増加や、代謝の変化、ホルモン分泌の影響などで腰や恥骨、股関節などへの負担やその他の症状などもでやすくなるのですが、妊婦さんへのカイロプラクティックケアは定期的に行うことで体への負担を減らし、通常の生活ができるレベルを保つことができると思います。(個人差はあると思いますが) 妊娠中の腰痛や恥骨の痛み、股関節痛、足がつる、張る、痛いなどでお困りの方はお気軽にご相談ください。妊娠中にケアをすることで、良い骨盤の状態を保つことができ、出産〜産後のケアも楽になると思います!

産後の骨盤ケア・骨盤矯正

33歳女性 主婦 M.Kさん



産後一ヶ月の主婦の方が骨盤のケア&腰痛で来院。妊娠中は左股関節の痛みや足がつるなどがあったが腰の痛みはなく、産後すぐに右の腰が痛くなった。立っていて足に力が入らない感じもある。赤ちゃんの面倒をみるのに中腰での動作が多く、腰がいつも重い。


初回の状態

・右の腰起立筋が硬く、腰の屈曲で痛みが出る

・右の骨盤を押すと痛みが出る

・右股関節内転筋の状態が悪く力が入らない

・左肩が高く、身体の左右の歪みがある



産後一ヶ月での来院ということで、骨盤の関節の安定性がまだ戻ってない状態で、股関節を安定させている筋肉の状態もあまりよくありませんでした。特に右股関節の内転筋の痛みがあり、そのせいで立っていても力が入りにくい状態だったと思います。施術は骨盤の関節を安定させることと、内転筋を中心に、股関節周囲筋の筋力が戻るように行ないました。一回目の施術で腰の痛みは軽減したものの右股関節内転筋や外転筋、屈筋の筋力は弱いまま。その後3回施術を続け、股関節の筋肉にだいぶ力が入るようになりました。間隔を延ばして施術を続け、股関節内転筋を押した時の痛みは多少あるものの、筋力や骨盤の状態も安定してきたため前から気になったいた肩こりを中心に施術をしています。


担当コメント
この方の場合、産前からの股関節の痛みや産後の腰への負担が関係して腰の痛みや股関節に力が入りにく状態が生まれていたと思います。 出産のために骨盤の靭帯が緩むため、その後骨盤が安定するまでに時間が少しかかります。その時期に腰や骨盤に負担がかかる動作や姿勢が多いと痛みがでやすくなってしまいます。また妊娠時には体重がかなり増えるため、身体を支える股関節や骨盤周囲筋への負担が多くなります。骨盤や股関節の状態を良くするための関連する筋肉や関節への施術と腰に負担がなるべくかからない姿勢での動作の推奨、また負担を減らすためのエクササイズをしてもらったことが改善へとつながったと思います。今後は肩や肩甲骨周りのケアを中心にやらせて頂きますが、股関節のエクササイズもしてくださいね!

妊婦さんの腰痛・股関節の痛み・背中の痛み(20代女性 主婦)

主訴

妊娠8ヵ月の方で、6ヵ月目から朝起きるときや、長時間座っているとき、歩く時などに腰に痛みを感じるようになった。右の股関節も腰痛を感じるようになってから痛みを感じる。 座っていると痛みはない。背中も常に張っているような気がする。夜寝る時も腰がつらく、横向きでしか眠れない。



現状確認・検査

・妊娠も後期ということで、お腹がかなり大きくなっており、下部腰椎・腰仙部への負担が大。

・骨盤の高さに左右差があり、右の股関節周囲筋、特に外転、外旋筋の緊張が高い。

・腰から背中にかけての背骨をサポートする筋肉の緊張も高い。

・妊婦さんなので、体の重力線が前方へ移っており、体幹前面の筋肉への負担も増えている。



施術と経過

お腹が大きくなり、前方へ出ている分、腰部・股関節・膝・背骨などにかかる負担が増え、腰部・股関節を中心に支えている筋肉への負担は妊娠前と比べてかなり増大。妊娠前の状態との比較はできないが、現状での骨盤の高さの違いも股関節の痛みと関係していると思われるため、腰部・骨盤・股関節を中心にお腹に負担がかからない様、筋肉や関節の可動域を調整、改善させるように治療を行う。

初回で痛みは股関節・腰部の痛みは70%減少、腰部の張りと背中の張りが気になるようになった。その後一回/週のペースで治療を続け、4回後には腰の痛み・股関節の痛み・背中の張りもほとんど気にならなくなった。股関節に対しては、お腹に負担にならないよう外転筋・外旋筋のストレッチを行い、緊張の強い部分には痛くないように持続的な圧を加えた。通常のカイロ治療も負担にならない程度に行う。夜寝るときはお腹も大きくなっているためすこしつらいとのことだか、日常的な痛みはほとんど感じなくなった。出産後も関節の状態が安定するまでは、股関節、骨盤底筋などに問題がでやすいので、いつでもご相談ください。

→戻る

マタニティケア・産前産後のケアはおまかせください。

営業カレンダー

Open Day

営業時間

平日
10:00〜20:00
土日
10:00〜18:00
定休日
木曜日

カイロプラクター

Staff

院長:加藤 克哉

アクセスマップ

Access Map

酸素カプセル 施術室整体・カイロプラクティックテーブル 整体・カイロプラクティックロゴ治療院待合室