整体・カイロプラティック:メール予約:infoアットマークwbspine-nagoya.jpウェルビースパイン名古屋:キャンペーン情報

ご予約についてはこちら

症状紹介

整体・カイロ情報のアイスポット 整体・カイロプラティック・酸素カプセル:予約番号 052-734-3912整体・カイロプラティック:メール予約:infoアットマークwbspine-nagoya.jp

ご来院される地域

Area of our Patients

愛知県・三重県・岐阜県・名古屋市・日進市・豊明市・東海市・大府市・刈谷市・知立市・知多市・春日井市・一宮市・稲沢市・多治見市・土岐市・北名古屋市・長久手町・瀬戸市・尾張旭市・ 千種区・昭和区・中区・中村区・北区・天白区・東区・中区・緑区・港区・南区・熱田区・名東区・瑞穂区・守山区・本山・覚王山・東山公園・星ヶ丘・一社・上社・本郷・藤が丘・自由が丘・茶屋ヶ坂・砂田橋・ナゴヤドーム・矢田・大曽根・名古屋IC・名古屋大学・八事・八事日赤・いりなか・川名・御器所・桜山・鶴舞公園・桜山・金山・栄・千種・今池・池下


施術報告

腰痛・ぎっくり腰 坐骨神経痛 首・肩こり・頭痛 肋骨・背部痛
手足のしびれ痛み 股関節痛・歪みなど 産前産後・骨盤矯正 自律神経症状など

腰痛・ぎっくり腰

最新の症例報告

最新の症例はこちらで紹介させて頂いていますので
よろしくお願いいたしますm(__)m


http://chiro-wbspine.com/case

ぎっくり腰 腰痛(30代女性公務員)

30代女性の方が、関東の治療院の紹介でご来院。ぎっくり腰をここ数年で4回繰り返し、その度にかなりの痛みを感じ、生活に支障がでる。毎回痛みが治まるまで一カ月以上かかり、治療費もかなり使う。腰は常に不安があり、前かがみの姿勢には特に気を使っている。このまま腰に不安を感じながらの生活は嫌なので何とかしてほしい。




初回の状態

・立位で反り腰気味で、腰仙部に負担がかかりやすい姿勢

・右の骨盤の関節の動きが硬い

・右の腰筋の緊張が強い

・股関節の動きも硬い(特に伸展の動きが制限されている)

・ぎっくり腰になるのではないかという不安が強い



腰仙部に負担がかかりやすい姿勢で、腰部と骨盤の関節(右)が硬く、動きが制限されているために矯正を行い、可動域の改善を行う。腰が反った状態では、腰部の負担が増加するとともに、股関節の前面を支えている筋肉も緊張しやすくなるため、立位や座位での骨盤の位置を指導するとともに、股関節の可動域を改善するためのアプローチを行い、筋緊張を緩和。また、前かがみになるときの腰への負担の減らし方や、日頃行う腰部、骨盤、股関節のエクササイズを指導し、痛みが出にくい状態がクセになるようにアドバイスを行う。この方は、関東の治療院からのご紹介だったが、名古屋に来てからはぎっくり腰は一度もなく、腰の調子も良くなった。仕事が忙しいと腰が疲れることがあるので、定期的なメンテナンスでぎっくり腰や腰痛の予防を行っている。



担当コメント



この方の場合、腰に負担がかかる反り腰姿勢で立たれていた為、腰部〜骨盤の動きが固定され、股関節の筋肉も緊張が強くなり、腰や股関節に痛みを感じていたと思います。同じような負担が長期間腰にかかれば、腰の筋肉や、身体を支えている腰の関節や骨盤にストレスがかかり続け、痛みを感じやすくなります。その状態で不意の動きやくしゃみ、外部からの力が加わったりすれば筋肉を痛めたり、関節の捻挫などを起こし、ぎっくり腰(急性腰痛)になってしまいます。ぎっくり腰は、今まで腰はなんともなかった方でもそのような原因で起こる可能性はありますので、注意が必要です。



もう一つの腰痛の要因としては、この方も、硬いフローリングの床に直接お尻(骨盤)をつけて座られていたとのことで、腰仙部〜骨盤にかけての負担が増し、関節が固定されることにより痛みを感じやすくなっていたと思います。骨盤は立てて座られるのが一番負担が少なくなりますので、イスに座ることをアドバイスさせて頂きました。今まで背中や腰を丸めて座られていた方にとって、いきなり骨盤や背骨を立てて座るのはきつい!と思いますが、それは、背骨や骨盤が動きに慣れていないので、動きが硬いのと、周りの組織もその姿勢に慣れていないので伸びないからです。無理のない範囲で少しずつクセにして頂ければ、身体はその姿勢に慣れていきますので大丈夫です。腹筋などのインナーマッスルが弱い方は、多少筋力をつける必要があるかもしれませんが、身体にとっては必要なこととなります。



最近では腰の調子は良くなり、以前みたいにぎっくり腰になったらどうしようとか、腰痛になるんではないという不安はなくなり、妊娠もされたということなので、今後は妊娠〜産後の腰部、骨盤ケアをしっかりしていきましょう! 初めての出産ということで色々不安はあると思いますが、こちらにできることはさせて頂きますので、今後もエクササイズは続けてやってくださいね! 旦那さんもご紹介して頂きありがとうございました(__)

腰痛 背中の張り 首肩こり(40代女性エステ勤務)

40代女性(エステ勤務)の方が腰痛、背中の張り、肩首のこりで来院。ぎっくり腰は今まで2回経験していて、腰が痛くなると不安になる。他の整体で姿勢を直されてから背中が張るようになった。整形で腰や背中の骨に異常はないと言われた。デスクワークを長年やっていたが、現在はエステ店に転職。身体が硬いのでヨガのポーズがつらい。特に股関節が硬い。



初回の状態

・立位で腰が反っているため、腰仙部〜腰下部への負担大(他の整体で教えられた姿勢)

・前かがみの姿勢や腰を反らす姿勢で腰が痛くなりそうでこわい

・ストレートネック

・股関節の可動域が狭く、特に外転制限と関連筋の張りが強い

・腰部起立筋の張りが強く、押圧で痛みを強く感じる



他の整体で姿勢を直されたためか、腰に負担がかかる立ち方をされていた。腰仙部〜腰部の関節の動きが制限され、支えている腰の筋肉も硬くなっていたので腰部、骨盤の可動域改善と、筋肉の状態を改善させるために矯正を行う。施術とともに、普段の立ち方や座り方のアドバイスも行う。股関節も全体的に硬く、可動域が狭いため、骨盤〜股関節にかけて可動域が広がるよう関節と筋肉に対して施術を行う。


またストレートネックのため、頚椎前湾、胸椎後湾が減少しているので、頚椎〜胸椎の移行部〜下部の負担軽減と、可動域改善のために施術を行い、エクササイズを奨励。週一回ペースで施術を続け、一カ月で腰や背中の痛みは軽減。立位での姿勢で腰が反らなくなってきた。その後月2回程度のペースでメンテナンスを続けているが、肩こりや首こりもほとんど気にならなくなってきて、腰の痛みやこわさもない。仕事で前かがみが続くと腰は疲れるが、痛みや不安はなくなった。ストレッチやエクササイズは続けている。



担当コメント
この方の場合、ぎっくり腰になった後、かなり腰の状態が気になっていたと思います。以前いかれていた整体で姿勢を教えられたとのことですが、その姿勢だと体重がかかとに乗りすぎていた為、腰から上が重心線からみてかなり後方にきてしまうため、腰が反った状態になり、腰の負担が増えてしまいます。腰に常に負担をかけた状態が続けば、筋肉は緊張状態が続き、疲れやすいのと同時に不意の動作などで痛めやすくなってしまいます。この姿勢が続けば、前かがみもそれ以上腰を後ろに反らすのもきつくなってしまいます。良い姿勢とは、重力からの負担が少なく、また身体が機能しやすい姿勢のことです。


姿勢に加え、ストレートネックと股関節の硬さも気になりました。ストレートネックは先天的な要素も大きいと思いますが、頚部前湾と胸部後湾の改善は、施術と姿勢、エクササイズ等で可能だと思います。股関節の硬さはすぐに改善するものではないと思いますが、股関節と骨盤、腰部の動きは密接に関係してきますので、全体的な状態を改善させていくことで、少しずつでも可動域は良くなっていくと思います。


お仕事がデスクワークから、立位で前かがみの姿勢が増えたとのことで、腰への負担が増えると思いますが、前かがみも、腰部だけを屈曲させるのではなく、骨盤や股関節、膝関節を軽く曲げてあげる意識で腰への負担はかなり軽減させることができます。


これからも、いい状態が続くよう姿勢や動作には気をつけてやっていきましょう!こちらでできることはさせて頂きます。それと、旦那さんのご紹介ありがとうございました(__)

腰痛(慢性) 腰の痛み

30代後半 男性 介護職 T.Kさん


30代男性が腰痛、肩こりで来院。介護職で腰に負担が常にあったせいか腰が痛い。特に朝起きるときのピリッとした感じがつらい。最近体重も10キロ程増えたのも原因のような気がする。ぎっくりも10年以上前に体験。その時病院で腰椎が欠けている?と言われた。


初回の状態

・かなり右肩あがりの姿勢

・右の首〜肩甲骨の筋肉の張りが強い

・腰部屈曲、伸展で腰に痛み(ピリっとした痛み)

・股関節の可動域が狭く、大腿、下腿後面の筋肉の伸張性があまりない

・立位で骨盤前傾姿勢。腰仙部への負担が大

・下肢の感覚には異常なし


腰部の屈曲や伸展動作で痛みが強いこと、普段の姿勢で腰や骨盤に負担がかかっていること、腰に痛みがあるが、下肢に力が入りにくいや感覚に異常がないことから、ヘルニアなどの可能性は低いと考え、腰椎下部〜腰仙部の関節構造の変形や変性とその周囲筋などの緊張による痛みを軽減させる目的で施術を行う。右肩上がりの姿勢は、普段の姿勢や動作などから右の首〜肩甲骨の筋肉に負担がかかってる状態と考え、背骨と首、肩甲骨を中心に施術。股関節の可動域もかなり減少していたので、骨盤の矯正と股関節周囲の筋肉のストレッチを中心に可動域を改善させ、腰への負担を軽減。症状が慢性化していたため、変化が出るまでに数回かかったが、数回の施術で腰の痛みは軽減、肩のこりも気にならなくなり、右肩上がりの姿勢も改善。5回目の施術で腰の痛みは以前の2〜3割程度に軽減、普段の痛みは気にならなくなり、朝起きる時に時々ピリッと感じる程度に治まってきた。現在二週ペースで継続治療。


担当コメント
この方の場合、長年介護職で腰を酷使していたのと、最近の体重増加により症状が悪化していたんだと思います。現在はあまり腰に負担がかかる仕事はしていないとのことなのですが、一度腰の状態をリセットするために、定期的な腰のエクササイズと股関節周囲の筋肉のストレッチは継続してやってもらっています。まだ多少ピリッとした感じが朝出るとのことで、腰部、骨盤の施術を継続し、腰仙部を中心とした関節や関節構造に関係ある軟部組織の状態の改善を行い、痛みが出ない状態を目指していきたいと思います。運動も最近始められたとのことで、腰に負担があまりかかりすぎないように続けていただければと思います。腰の状態を改善しながら、その部位への日常的な負担を減らすことで症状は改善していくと思います。

ぎっくり腰 腰痛 背部痛

30代男性 マッサージ店勤務 T.Kさん


腰痛、ぎっくり腰で30代男性マッサージ店勤務の方が来院。仕事は中腰が多く、いつも腰は張っている感じ。自分でストレッチ等はやっているがなかなかすっきりしない。いつも硬い床に座ることが多い。今回は朝起きたら腰が痛くて起きれなくなった。今まで同じように何回か痛くなった。痛みが強いので仕事を休んで来院。歩くのもつらい。


初回の状態

・右骨盤の痛みが強く、普通に歩けない

・座っていても立っていても右の骨盤に痛みを感じる

・股関節にも痛みがあり、押すと痛い

・痛みのために左への逃避姿勢をとっている

・左右殿筋の張りが強い


腰の張りも強いが、右の仙腸関節の痛みが一番強い。殿筋の張りも強いため、骨盤(仙腸関節)、股関節、腰部を中心に痛みの軽減と筋肉の緩和、関節可動域の改善を目的に施術を行う。骨盤のアイシングを行い、痛みを軽減、殿筋や腰背部筋の緩和操作を行い腰椎、股関節の可動域を少しずつ改善。右の仙腸関節は炎症を起こしている可能性があったのでその時は矯正を行わず、腰部の矯正、股関節のモビリゼーション(可動域改善操作)を行い、一回目の施術終了。腰部の張りや殿筋の張りは軽減し、左への逃避姿勢も改善したが、右骨盤の痛みは多少楽になったくらい。その後間隔を空けず3日間施術を行い、右仙腸関節の痛みは2割程度に軽減。仕事は一度目の施術後に復帰している。現在は腰部のもともとの関節可動域の制限を改善させる目的で施術を2週ペースで続けているが、最初の右骨盤の痛みは感じていない。仕事時の腰の張りも以前よりは感じなくなっている。


担当コメント
この方の場合、仕事での負担が腰部や骨盤にかかっていたのですが、加えて硬いフロアに座ることで骨盤にかなりの負担をかけていたのも痛みの原因だったと思います。硬いフロアに直接すわることで仙骨や仙腸関節にはかなりの負担がかかります。痛みの出方も、動作中に軟部組織を痛めた時のように瞬時に痛みを感じるのではなく、今回のケースのように半日後などに痛みがでるケースもあります。そのため原因が特定できないことが多いのですが、硬い床などに長時間すわる生活をされている方は要注意です! 痛みの出方も個人差があると思いますが、今回のようにかなり強い痛みを感じることもあります。一度痛めると、その部分をかばうために反対側の骨盤が痛くなったり、殿筋が張ったり股関節に痛みを感じたりと、収まりがつくまで数日〜数週間かかることもあります。急性の痛みの場合、痛みを瞬時に軽減させるのは難しくなりますので、普段から骨盤や仙骨に負担をかけすぎない生活をされることが大切です。硬いフロアに直接お尻をつけて座る生活をされている方は、イスの生活に変えることを考えてみてはいかがでしょうか?

腰痛 腰の張り デスクワーク

30代男性 会社員 S.Kさん

30代後半男性の方が腰の痛みで来院。腰痛はここ数年よくなったり悪くなったりを繰り返している。最近2ヶ月はかなり痛みが強く続いているので気になっている。ぎっくり腰も何回か経験。このままだとぎっくり腰になりそうな予感。姿勢は悪いことを自覚している。以前見えていた患者さんの紹介。

初回の状態

・かなり骨盤が後傾し、背中を丸くして座っている

・腰の筋肉がかなり硬く、腰部に側弯がある

・腰部伸展の可動域がかなり減少、反ると強い痛みを感じる

・腰の前面の筋肉の伸張性が減少、押圧で痛みを感じる

・股関節の可動域も減少

座り仕事の時間が長く、常に腰下部〜腰仙部、仙骨に負担をかけている状態で座っていたので骨盤の関節や腰仙部の関節の動きが制限され、関節を安定させている靭帯や筋肉などの組織に長期間負担がかかっていたのが痛みの原因だと考え、腰部、腰仙部、骨盤の関節を中心に施術を行い、可動域の改善と、座り方の改善、腰部の筋肉の状態の改善を図った。かなり腰部の筋肉の伸張性が失われていたため、側臥位での施術が最初はきつかったが、骨盤や腰部の矯正後は腰がかなり軽くなったとのこと。一回目の施術で痛みは半分以下、腰の重さや張り感もかなり軽減。その後週末を中心に施術を続け、5〜6回の施術で腰部、骨盤の可動域は回復、姿勢も座っている時はかなり気をつけている。腰部のエクササイズも続けている。痛みは全く感じなくなった。

担当コメント
この方の場合、かなり骨盤を後傾させて座るのがクセになっていたため、腰仙部や骨盤、仙骨への負担が原因で痛みを感じていたのだと思います。例えば硬いフロアや床に長時間お尻をつけて座っているだけで、骨盤の関節に負担がかかり、関節がロッキングされたり、ひどい時には関節の捻挫を起こしてしまうことがあります。この方の場合、痛みが数か月続いていたので状態としてはあまり良くなかったのですが、関節の捻挫ではなく、可動制限やそれによる周りの組織への影響が痛みと関係していたのだと思います。原因は、骨盤を後傾させて座っている姿勢なので、長期的にはその姿勢を改善させること、短期的には骨盤の関節の可動性を改善させることを目標に施術を行いました。腰部の側弯は、左右に偏った座り方をしていたのが原因だと思うのですが、足をなるべく組まないようにして、どちらに荷重しているかを意識してもらうことで改善できると思います。この方の場合、エクササイズは腰部の伸展です。

数ヶ月続く腰痛 股関節の硬さ

68歳女性 主婦 T.Tさん



68歳女性の方が、腰の痛みを訴え来院。7ヶ月前、重たいテーブルを持ちあげた際に痛くなり、その後痛みが治まらない。針やマッサージ、整体など色々試したが、痛みの軽減はなし。腰を曲げるのも反らすのも痛く、なるべく腰を動かさないように生活している。痛みは腰の下のほうで、左が痛かったり右が痛かったりするのでどこが悪いのかよくわからない。とにかく痛みをなくして普通の生活を送りたい。



初回の状態
・左に重心をかけると腰に痛みがでるため、右足荷重姿勢で骨盤の高さの違いや背骨の歪みが顕著
・痛みのため腰を曲げたり反らしたりできない
・ 左右の膝が曲がった状態
・痛みのため腰には腰痛ベルト着用
・腰部や股関節の筋肉が硬く腰部や股関節の可動域が減少



この方の場合、 痛みのために腰部や腹部、股関節周囲の筋肉の緊張が高く、骨盤の歪みや背骨の歪みも顕著でした。症状は色々あったのですが、一番気になっている腰の痛みを軽減させるため、股関節の可動域の改善と骨盤の矯正、腰仙部の可動域の改善を中心に施術を行なっていきました。初回の施術で右の仙腸関節の矯正を行ない、股関節の可動域改善のため関連筋肉のストレッチを痛みの出ない範囲で行ないました。2回目に来られた時に右腰の痛みや張りは軽減したとのことで、その後継続的に施術を続け、6回目の施術時には腰を曲げたり反らしたりで感じていた痛みもほとんど感じなくなり、股関節のストレッチを行なっても前ほどの痛みやきつさは感じなくなりました。



担当コメント
この方の場合、痛みが続いていたことから腰部や骨盤、股関節周囲の筋肉が緊張してしまい、痛みのために動きが制限されてあまり動かさなかったために少し動くとすぐ痛みを感じてしまうという悪循環に陥っていたのだと思います。施術の他にも腰に負担がかからないよう、寝る時の姿勢や寝る場所の改善、膝に関係する筋肉や股関節、腹部の筋肉のストレッチなどもしてもらい、あまり重たいものを持たないようにしてもらったところ、6回程度の施術でかなりの改善が見られました。年齢から腰部の変性や変形も関係していると思いますが、腰部・股関節・骨盤の動きの改善により症状はあまり気にならなくなり、 可動域も痛みのでる前よりよくなったとのことです。腰が痛い時はその他の部位にも影響を与えますし、その他の部位の影響が腰に関係してきます。腰痛で長期間お悩みの方は参考にしてみてください。

ぎっくり腰・腰痛(20代女性 会社員)

主訴

ソファーに座っていて立ちあがったときのくしゃみで腰痛を誘発。このような腰痛は初めて。 仕事は販売員で棚卸などもあるが、デスクワーク特に、パソコンを使っての仕事も多い。今は座る動作などができない位の痛みが右腰に感じる。さらに痛みのために、体を真っ直ぐにして一人で歩くことができず、来院時には介助が必要なほどであった。



現状確認・検査

・痛みにより一人では立てず、常に腰をかがめる状態で、腰痛の部位に手を当てていないとつらい

・触診で腫れや熱感はなし

・腰部可動域は体を前と後ろにたおすのがつらく、右に体を倒すと腰の痛みが強くなる。

・腸腰筋(腰のインナーマッスル)の筋力検査で痛みを誘発。

・右の腸骨筋を触診すると痛みが腰痛が誘発



施術と経過

問診と検査から腸腰筋が過剰に働いたことによっておこる急性腰痛であると判断し、腸腰筋と関係する腰部を中心に施術。痛みは初回の治療で半分に減少、体もおこして歩けるようになり、介助なく歩いて帰ることができた。2回目、3回目はさらに骨盤と腰部の状態を改善させるために施術。3回目には痛みはなくなり、健康管理ケアに移行。今回の原因は仕事で日頃から腰部に負担が加わっていたことに加え、ソファーで腰掛け立ちあがったときにくしゃみをして腰の前面の筋肉が過剰に緊張してしまい、痛みをおこしたと考えられる。これからは、腰への負担がすくなるなるように姿勢に気をつけて生活をしてください。

腰痛・ぎっくり腰(60代女性 パート勤務)

主訴

数年前から腰全体に重く鈍い痛みを感じる。ちょうどそのころ母親が特別養護施設に入居し看病が始まった。腰痛を感じるときに脚に痺れや激しい痛みはないが、何度かぎっくり腰を経験した。看病疲れと重なると腰痛がひどくなり、その時には横になって痛みを我慢している。



現状確認・検査


・腰部の筋肉全体に緊張があるが、可動域は保たれている。
・骨盤と背骨全体的に動きが減少。
・神経学的検査を行っても脚などに異常はみられない。
・腰から骨盤にかけての筋肉の検査を行い、筋力の異常がみられた。
・股関節周りの筋肉を押されると激しい痛みを感じる。



施術と経過


問診と検査から、腰部骨盤の関節の働きが障害されていると判断し、腰部骨盤を中心に施術を行った。初回の施術で痛みは半減し、その日はいつもよりしっかりと眠ることができた。3回目の施術で腰の痛みはほとんど感じなくなり、健康管理ケアに移行。今回の原因は母親の看病時に、腰に負担をかける姿勢で看病したことで、腰部骨盤の筋肉が過剰に緊張し、それにより関節の動きが障害された状態になっていたと考える。これからは、看病時に、なるべく腰に負担をかけない姿勢を保つことと、腰の可動性が減少しないように手軽に行えるエクササイズを指導。定期的にケアを続けている。

右腰の張りと痛み (40代男性 会社員)

主訴

2〜3年前から右腰のあたりに張りを感じるようになった。原因は思い当たらないが、ちょうどそのころ母親が介護施設に入居することになり、自分も介護を手伝うようになってから始まった気がする。最初は張っている感じだけで、動作や姿勢でつらくなることはなかったが、最近痛みを感じるようになった。今では張り感と痛みは常に感じるようになり、湿布を貼っても楽にはならない。日頃から運動などはしておらず、通勤で多少歩くくらい。これから介護する機会が多くなると思い、心配になって来院。




<初診時状態>

・体をねじっても痛みは強くならない。足への痺れもない

・腰を屈めて中腰にの姿勢になると張り感と痛みを感じる

・体を左右に傾けると左右差があり、特に右に倒すと右の腰に痛みを感じる

・立ってる時も座るときも常に体を丸めた姿勢となり、顎が上がっている

・右腰の内側に筋肉に強い張り感があり、押されると強い痛みを感じる





<経過>

右腰の筋肉が過剰に張っていることが、張り感と痛みの発生源と考え、姿勢的アンバランスを改善していくことを目的に施術を行う。1回目は腰の動きを改善する施術を中心に行い、脊柱を矯正。日頃介護を行うため、体をまっすぐにして介護をするように指導。2回目(1週間後):痛みはまだあるものの、張り感は減少。6回の治療で、張り感はなくなり、痛みもほとんど感じなくなった。7回目以降からは、治療間隔を2週間に変更。以降痛みも感じなくなってきた。8回目の治療で張り感・痛みが共になくなったため健康管理ケアに移行。



担当コメント


右腰の筋肉と脊柱を施術したことで順調な改善を示した症例です。今回の問題が起こった要因として@日頃の悪い姿勢での生活、Aなれない介護の仕事による腰への負担、が考えられます。日頃悪い姿勢で生活すると、それだけで筋肉や関節への負担が増え、張り感や痛みを感じることがあるため注意が必要です。この方の場合、腰の矯正と筋肉を緩める特別な施術、さらに腰から骨盤にかけてのストレッチを指導する等のアプローチを行ったことで症状は消失となりました。

→戻る

マタニティケア・産前産後のケアはおまかせください。

営業カレンダー

Open Day

営業時間

平日
10:00〜20:00
土日
10:00〜18:00
定休日
木曜日

カイロプラクター

Staff

院長:加藤 克哉

アクセスマップ

Access Map

酸素カプセル 施術室整体・カイロプラクティックテーブル 整体・カイロプラクティックロゴ治療院待合室